サインプロモーション企業 看板・販促・マーケティングの総合コンサルティング
  2009/1/31
「屋外広告物許可済」証について
サインプロモーション企業
「屋外広告物許可済」証(正式名称:標識票)貼付位置を事前にご検討ください
東京都屋外広告物条例施行規則第7条の住所等表示義務を徹底するため、平成21年1月19日許可分から、許可証とともに「屋外広告物許可済」証(シール)が発行されます。
発行された「屋外広告物許可済」証は、下記のとおり貼付、報告をすることになります。
なお、継続の申請時には、占用係窓口にて貼付位置の確認をするため、あらかじめ貼付位置等の検討をした上で手続きを行います。

<手順>
1.申請時に「貼付位置」を決定します。
※「屋外広告物許可済」証は4cm×4cmのシールで、許可した広告物の件数だけ貼付します。
例)袖看板が4枚、壁面看板が1枚の届出内容であれば、シールは5枚必要です。
原則は広告物への直接貼付ですが、事情により貼付が困難な場合は、以下の考え方に従って、事前に貼り付け位置の検討をします。
1.広告板等の表示面に直接貼付
広告板等の表示面に直接貼付
(袖看板等で高所にある。物件数が多い。意匠上好ましくない等の理由で1に貼付困難)
(袖看板等で高所にある。物件数が多い。意匠上好ましくない等の理由で1に貼付困難)
2.ビル、店舗、事業所等の出入口の見やすい場所(受付等)に貼付
2.ビル、店舗、事業所等の出入口の見やすい場所(受付等)に貼付
(美観、業務等に支障がある等の理由で2に貼付困難)
(美観、業務等に支障がある等の理由で2に貼付困難)
3.広告物下の壁面、ガラス面等そのほかの場所
2.審査後、許可証とともに「屋外広告物許可済」証(シール)、及び「標識票の貼付状況の報告」を受け取ります。

3.「屋外広告物許可済」証(シール)に必要事項を記入し貼付後、貼付状況の写真を撮影します。2.で受け取った「標識票の貼付状況の報告」を作成し、撮影した写真とともに占用係へ返送します。
 
※(参考)東京都屋外広告物条例施行規則第7条
広告物等の許可を受けた者は、当該広告物等の見やすい箇所に、その住所及び氏名並びに許可年月日、許可番号及び許可期間を表示しなければならない。(以下略)

サインプロモーション企業 看板・販促・マーケティングの総合コンサルティング
Copyright huckster inc, All rights reserved.